禁煙

【禁煙に挑戦】中年仲間入りで気になる健康 禁煙外来で簡単に禁煙 ~脱ニコチン依存症~

禁煙を決意したきっかけ

はじめまして。ユウマサキです。
今年の5月に会社の健康診断があり、判定D(病院で要治療)をもらいました。
内容は「高血圧」、特に最低血圧が100mmHg以上!がその要因でした。

振り返れば、二十歳位から酒、タバコ、パチスロ、運動無しの生活でした。そのツケが来たようです。最近は妻だけでなく、子供からもタバコやめて!臭い!と言われ始め、丁度いい機会と思って禁煙を決意し(再)挑戦!

そう、禁煙外来が始まった時、3か月間禁煙したのです。しかし、、挫折。その原因は・・・

禁煙出来ない3つの要因 ~ニコチン依存症克服~
①心理的依存・・・イライラする、集中できない
②身体的依存・・・口寂しい、休憩中落ち着かない
③社会的依存・・・周囲から煙の臭いがする

どれも喫煙者ならなんとなく分かると思います。
私の場合は、心理的・身体的依存は克服できたと思っています。しかし、社会的依存、これが乗り越えられませんでした。

社会的依存とは、日本の喫煙環境の事です。一昔前は、会社でも店でも分煙が進んでおらず、道を歩けばタバコの臭い。どこでも吸えて、どこでも臭う環境。不覚にもこの臭いが心地よくなってしまい、再開(ただの言い訳です)。そもそもニコチン依存症を克服できていなかったんですね。

禁煙

しかし、今は日本も喫煙環境が厳しくなり、2020年4月から屋内は原則禁煙になります。当然、私の会社でもその動きですので、「これも一つのチャンス!」と思い、また先述したプレッシャーも重なったことより、再挑戦しました。

禁煙外来の流れ

禁煙外来は保険が適用され、禁煙補助薬が安く手に入ります。ただし、安く手に入るのは国民の税金を使っているから。いくらニコチン依存症が病気と認められても、中途半端な気持ちで禁煙外来を使ってはいけません。本気でやめたい人だけ行ってください。迷っている人は、、残念ながらまだやめれません。

さて、禁煙の決意をして禁煙外来に行ったら、こんな手順になります。

禁煙開始予定日の1週間前から禁煙補助剤を服用し始めます。

禁煙を決意し、病院に行ったら次の日からタバコは吸えない、、、大丈夫か??と思うと病院に行くのもためらいますよね。大丈夫です。診療当日は2週間分の禁煙補助剤(チャンピックス)をもらいますが、実際に完全禁煙するのは薬を飲み始めてから8日後からです。初めの7日間は薬を飲みながら、タバコを徐々に減らしていく、という期間です。初日は禁煙に対する決意を新たにし、各種診断、ヒアリングを行う程度です。その後は禁煙手帳に気持ちを記録しながら、2週間毎(医者によっては一か月毎)通院し、薬を3か月間飲み続けます。

禁煙挑戦2回目、絶対禁煙を覚悟

医者は必ずしも優しい存在ではありません。「お母さんが高血圧、脳出血で倒れた。今も不自由。お父さんは異常な高血圧だった、しかも癌だった。奥さんも子供もいる。それなのにあなたがタバコを吸う理由は何?何のためにタバコを吸うの?なぜやめないの?」正論過ぎで答えが見当たりません。

ただ、医者はこういう存在でいるべきのかな、と。1回目の医者は優しすぎました。厳しく諭してくれない存在がいないとタバコはやめられないのかと思います。

禁煙7日目までの感想

初めの1週間は薬を飲みながらタバコも吸っていいとう期間です。このチャンピックスという薬を飲み始めると、徐々にタバコが不味くなってきます。タバコの臭いも嫌いになってきます。このような感じで、どうせ吸っても不味いし、、と自然とタバコの量が減っていきました。ちなみに、私の場合は初めの数日は頭がぼ~っとし、熱くなるような症状がありましたが、生活に影響するようなものではありませんでした。

禁煙14日目までの感想

さて、8日目からタバコを吸ってはいけません。タバコが不味くなってきているので、正直吸わない事は苦ではありませんでした。それよりも、会社での休憩中にやることが無い。。いつも休憩時間はコーヒーとタバコがセットでした。これが手持ち無沙汰なんですね。このいつもやっていた習慣が出来ないこと、これに非常にストレスを感じました。この時に大事なのは、タバコをやめる決意をした理由を再確認、再認識する事です。その理由が明確で鮮明なら、そのストレスも乗り越えられるはず!

禁煙15日以降の感想

ここまでくれば大分慣れてきます。喫煙所には近づかないし、タバコを吸わない生活・行動が習慣化してきて、ストレスも無くなってきます。また、喫煙者は分かると思いますが、「喫煙所を探すストレス」がありません。ここまで来たら、しばらく喫煙できず慌てて喫煙所に行く人、デパートで必死で喫煙所を探している人を見ると可笑しくなってきます。
こんなに簡単に禁煙できるの!?が率直な感想です。

禁煙してよかった事

1、自分だけでなく、家族の健康にいい
すぐには実感しませんが、自分の将来を考えると間違いないでしょう。
間違いなく、将来の医療費削減につながります。
2、タバコ代の支出が無くなる
420円/箱×1.5箱/日×30日/月=18,900円/月
3、家族に文句を言われるストレスから解放される
これ、案外大きなストレスですよね!もちろん家族のストレスも無くなります!
4、タバコを吸える場所を探すストレスから解放される
デパートに行っても、禁煙居酒屋でもストレス無し!

禁煙

禁煙が続いてみると、デメリットはデメリットではないですね。
(イライラする、集中できないなど)
あえて言うなら、少し体重が増えたくらい。
現在、禁煙2か月目。順調に継続中です。3か月経過し、薬が無くなった後どういう感情になるのか、改めて更新していきます!

健康
ニコチン依存症を知っていますか? タバコをやめられない理由を一緒に考えてみましょうニコチン依存症を知っていますか?タバコをやめられない理由を一緒に考えてみましょう...